砥部焼

砥部焼とは

砥部焼の発祥は、ちょっと変わっています。時の大洲藩主であった加藤泰候の時代の殖産のため始まりました。その素材は、石として最も古くから流通し、延喜式にも記された伊予の砥石のクズなのです。命じられた杉野丈助は苦労の末に、3年の歳月をかけ白磁に藍色の描かれた器を焼きあげます。
明治になると陶工たちの往来が盛んになり、京や瀬戸・唐津といった先進地から色々な情報を得て量産化されるようになりました。また廃藩置県も幸いし、松山藩の松前から唐津船に乗り全国に広まって行きました。向井和平の活躍もあり、「伊予ボール」と称され7割近くが、海を渡って海外に送られたようです。

特徴

戦後に先進地より手仕事が多く残されていた砥部は、泥呉須に付立筆(線ではなく、面を描くときに用いる筆)という現在のスタイルを確立します。民芸運動の波と、柳宗悦、バーナード・リーチ、浜田庄司、富本憲吉の来訪に刺激され、近代的なデザインが模索されました。
磁器なのに、厚手でほんのり象げ色かかった肌。藍や朱の派手さのない自然な風合い。センスの良い絵付。磁器特有のカッチリ感を与えない作品群。コーヒーの茶色が似合う器。そんな印象を持たせてくれる砥部焼です。

窯元紹介

梅山窯は梅野製陶所といいます。砥部で一番大きい窯元です。さぬきうどんの器としても、よく使われているのを見かけていると思います。たぶん皆さんの知っている砥部焼は、ほぼ梅山さんのものだと思います。
たとえば少し重めですが、肉厚ののしっかりした生地。お茶碗がそうなのですが、直線と曲線を上手に使い分ける形は、他では見かけません。口径と高台の比は1:2.5位ですが、砥部は1:1となります。用の美を求めた結果なのでしょう。梅野さんを外して、砥部焼は語れません。
店舗外観
うつわの店 クラフトなかつか
〒768-0060
香川県観音寺市観音寺町甲1212
定休日:木曜日
営業時間:10:00〜20:00
0875-25-3451
新着情報
ごあいさつ
店舗案内
お問い合わせ
会社概要
プライバシーポリシー
フォトダイアリー
公式フェイスブック
産地紹介
取扱商品
ご利用ガイド
注文方法
お支払い方法
配送
送料
返品・交換
ギフトラッピングについて
冠婚葬祭でのご利用について
特定商取引法に基づく表記
サイトマップ